阿波吉の気まぐれ釣行記 (アウトドア・DIY)

趣味関係(釣り、車、バイク)のこと書いていきます!!

【タックルボックスカスタム】ドカット4700紹介

こんにちは😃  阿波吉です!

 

12月に入り気温が下がってくるにつれ、魚がだんだんと釣れなくなってきました...

 

秋の爆釣をまだ鮮明に覚えているので、すでに来年の秋が待ち遠しいです( ̄▽ ̄) 

 

ずっと秋だったらいいのになー笑

 

というわけで今回は僕が普段、釣行で使用しているタックルボックスの紹介をしていきたいと思います。

 

 

タックルボックスにも様々な種類があり、買う時には迷うことがあると思うので、少しでも参考になってもらえれば幸いです!

 

そしてこちらが、使用している       

 

リングスター ドカットD-4700   です!!

 

f:id:awakiti__fishing:20191224123014j:image

 

別角度から

 

f:id:awakiti__fishing:20200114202204j:image

 

リングスター(RING STAR) ドカット D-4700 レッド/ブラック

 

横のロッドホルダーや小物入れは最初から付いている訳ではなく、後から自分で取り付けたものになります。

 

ロッドホルダーがあると、釣竿を置いてルアーを付けたり、糸を結んだり出来るのですごく便利なんですよね〜(´∀`*)

 

ネットで調べていると、ドカットにねじ止めせずに取り付けできるロッドホルダーを見かけたのですが、僕としてはねじ止めのタイプをオススメします!

 

やっぱり強度が違うので笑

 

すぐ壊れてしまったり、壊れないように気を使うのは面倒ですからねー

 

ダイワ(Daiwa) CPキーパー ホワイト

 

そして次は中身ですがこんな感じになってます(⌒▽⌒)

f:id:awakiti__fishing:20191224030258j:image

f:id:awakiti__fishing:20191224030324j:image

結構ごちゃごちゃしてます笑

 

容量は27Lもあり、ルアーで言えば、ジグ40本、タイラバ 15個、キャスティング用プラグ7〜8個くらいなら余裕で入るくらいの大きさです。

 

さらにドカットは蓋を閉じた状態だと上に座ることが出来るので、釣り場では重宝すること間違いなしです!(耐荷重は500kgもあり、ものすごく丈夫です)

 

他にも蓋を閉じた状態だと、内部に水が入るのを防ぐことが出来ると言うメリットがあり、雨や波しぶき程度では全く浸水しません。 ←オフショア釣行では割と重要

 

竿を置くとこんな感じです!

 

f:id:awakiti__fishing:20200114204053j:image

 

右から8000番、3000番、6000番のリールですが干渉することなく置く事が出来ます!

 

ホルダーの増設も考えたのですが、どう配置してもハンドルや蓋の開閉に影響が出そうだったので諦めました。

 

結論

ドカットは容量があり、強度も十分なためタックルボックスには最適!(だと思う)

 

ご愛読ありがとうございました😊

 

よかったらこのボタン押して下さい!

   ↓